佐谷葵様インタビュー(ジュニア準グランプリ)

第5回

アマチュアステージ

ジュニア準グランプリ・聴衆賞
ジュニアピアノ部門総合第1位

佐谷葵

Q.コンクール参加のきっかけ

学校のお友達がコンクールに出ている話を聞いて、私もチャレンジしてみたいなと思いました。先生に相談したら、「今までの練習よりずっと大変だけど、一緒に頑張りましょう」と、背中を押して下さいました。

Q.受賞の感想

私は、ピアノ小学生1,2年部門と小学生3,4年部門に出場しました。どちらも1位で聴衆賞もいただけて嬉しかったです。ジュニアグランプリ決勝大会にも出場させてもらいました。ジュニア準グランプリをいただけました。本選の日は、お母さんのお誕生日だったので、お母さんへ最高のプレゼントになりました。お母さんもとっても喜んでくれました。

Q.あなたにとっての音楽とは?

ピアノを弾くことが大好きです。これからもっと練習を積み重ねて、弾いてみたい曲がいっぱいあります。ピアノで自分の思いを表現することが、私の楽しみです。そして、聴いてくださる方に、その気持ちが伝わるような演奏が出来るようにと思いながら弾いています。

Q.コンクールのエピソード

舞台に上がる直前に、先生がおまじないをかけてくれます。そのおかげで、いつも通りの演奏が出来ます。まだペダルが届かない私のために、先生が補助ペダルを準備してくれます。先生と一緒にコンクールに出ている気持ちになります。

Q.今後チャレンジしたいこと

第5回あをによし音楽コンクールアマチュアセクションの準グランプリをいただけて嬉しかったです。次はグランプリを目指して、もっと練習を頑張りたいです。

Q.受賞歴

第50回カワイこどもピアノコンクールソロ部門B(小学4年生)コース予選入賞関西大会銀賞受賞(1年次)
第33回全日本ジュニアクラシック音楽コンクールピアノ部門小学生の部全国大会6位審査員賞受賞(2年次)
第5回あをによし音楽コンクールアマチュアセクションピアノ小学生1,2年部門第1位、ピアノ小学生3,4年部門第1位、ジュニアピアノ部門総合第1位、ジュニア準グランプリ受賞、聴衆賞受賞(2年次)
第51回カワイこどもピアノコンクールソロ部門A(小学6年生)コース予選入賞関西大会出場決定(2年次)

・受賞者のお声

第5回あをによし音楽コンクールで、ピアノ小学生1,2年部門第1位、小学生3,4年部門第1位、ジュニアピアノ部門総合第1位、ジュニア準グランプリ、聴衆賞をいただけて、大変うれしいです。ありがとうございます。

1日に3回もぶたいに立ちました。本せんでひく曲は、2曲ずつの全部で4曲もあり練習が大変でしたが、毎日がんばりました。決勝大会では、4曲を通してえんそうしました。集中して自分のえんそうが出来たと思います。こんなきかいはなかなかありません。本当に楽しかったです。ありがとうございました。

お友だちが練習している曲を教えてもらって自分もひいてみたり、ユーチューブでいろんなえんそうを聞いたりします。ひいてみたい曲がたくさん見つかります。

先生に色いろそうだんして、夏の発表会でえんそうする曲が決まりました。今練習しているところです。お母さんとれんだんもします。どちらもむつかしいのですが、ひけるようにがんばっているところです。

あをによし音楽コンクールのみなさまには、会場で声をかけてもらったり、こまっていたらたすけてもらったりしました。だから、ドキドキすることなく、ちゃんとえんそう出来ました。ありがとうございました。次回もさんかしたいです。よろしくおねがいします。