主催者ごあいさつ

理事長 奥谷友子 Tomoko OKUTANI

奥谷 友子《理事長》

世界文化遺産古都奈良斑鳩の地に、2013 年アマチュア音楽愛好家も楽しめるコンクールをとの思いから、アマチュアファゴット奏者の医師、杉原恒臣氏(現相談役)と共に、「いかるが音楽コンクール」を設立致しました。

2019年皆様のあたたかいご支援とご鞭撻のお蔭で第7回を迎えることが出来ましたことを厚く御礼申し上げます。

弊コンクールは関西をはじめ全国よりこれまで幼稚園児から80 代の幅広い音楽愛好家の皆様にご参加頂いております。毎年素晴らしい出会いがあり斑鳩から音楽の輪が広がっているのを実感し嬉しく存じます。

皆様の情熱溢れる音楽を拝聴させて頂き、そのお姿に大変感銘を覚えます。音楽はすべての境界を超え人と人の心を結び世界平和に貢献するものだとの信念のもと、活動させて頂いております。

弊コンクールは皆様に開かれたコンクールです。プロの演奏家を志す方、生涯音楽を友とされ、愛する音楽と向き合われている皆様の少しでもお役に立ちたい、そんな思いで微力ながら日々運営にあたっております。弊コンクールでは音楽を愛するお一人お一人のお気持ちを大切にして参りたいと考えます。

本年より審査委員長北野完一先生のご勇退に伴い、統括審査委員長には、江口文子先生にご就任頂きました。また新たに台湾からも許恕藍 シュー・スーラン先生を弦楽器審査員に招聘致します。素晴らしい審査員の先生方にご賛同ご協力を賜り心より御礼申し上げます。

シルクロード終着地奈良から世界へ、音楽の輪が広がりますように、2019年世界文化遺産奈良で皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

プロフィール

斑鳩生まれ。5 歳よりピアノを始める。同志社大学商学部卒業同大学院商学研究科修了。

17 年のブランク後 子育ての傍らピアノを再開し、初めてコンクールに挑戦。第12 回、第13 回大阪国際音楽コンクールアマチュアヴィルトーゾ部門ファイナリスト。第5 回ベーテンピアノコンクール全国大会B1 部門第5 位。長江杯国際音楽コンクールにて受賞ほか。

ウィーン国立音楽大学教授トーマス・クロイツベルガー氏マスタークラス受講。

木村和世氏、奥田悠氏、北村美奈子氏に師事。

 

相談役 杉原恒臣 Tsuneomi SUGIHARA

杉原 恒臣《相談役》

この度あおによし音楽コンクール第7回をこのような素晴らしい形で迎えられまして感慨もひとしおです。

理事長の音楽に対する情熱に賛同し、私の50 年の音楽人生を結集し、幅広く音楽愛好家に楽しんで頂けるコンクールの立ち上げに至りましたことを喜ばしく誇りに思います。当コンクール趣旨にご賛同頂きご参加下さいました皆様にも心より感謝申し上げます。

プロフィール

京都府立医科大学卒業。京都府立医科大学交響楽団にてファゴットを始める。森泰夫氏に師事。

60 歳よりチェリスト堺安志氏に師事し、初めてコンクールに挑戦。大阪国際音楽コンクールファイナル入賞。第16 回長江杯国際音楽コンクール一般B 部門優秀賞。

 

理事 長谷川真 Makoto HASEGAWA

長谷川 真《理事》

あおによし音楽コンクールは感動を求めて集まる聴衆を前に、ご自身の音楽を存分に表現できる貴重な機会です。

何事も慣れと申しまして、舞台の上で適度な緊張と高揚感を持ちながら演奏することを繰り返せば、やがてその楽しみを覚え、極意に辿り着けるものと思います。

そのためにコンクールや発表会といったイベントを大いに活用しましょう。皆さんの素晴らしい演奏を楽しみにしております。

プロフィール

相愛大学首席卒業。同研究科修了。モーツァルテウム音楽大学修了。出口美智子、片岡みどり、クリストフ・リースケ各氏に師事。

第1回宝塚ベガコンクールピアノ部門第3位。相愛大学オーケストラ、和歌山市交響楽団と共演。現在、キヤノンPPS大阪支店勤務。