アドヴァイザーメッセージ

アドヴァイザー 篠崎史紀 Fuminori Maro Shinozaki

篠崎 史紀《アドヴァイザー》
(NHK交響楽団第1コンサートマスター)

音楽は万人のためのものであり、偉大な作曲家のもとではプロフェッショナルもアマチュアも全て平等です。

必要なものはテクニックよりも心で、作曲家と真剣に向き合うことがまず大切です。そして望めば叶うのが音楽なのです!

音楽は決して上手い下手ではなく、気持ちの伝導で良い音楽かどうかが決まります。私はコンクールで出た結果は全ての副産物であって優劣ではないと思っております。

音楽こそ、人類が作った最高のコミュニケーションツール!!!

言語も人種も宗教もゼネレーションも、そして時空をも超えて、世界中に一瞬にして喜怒哀楽を共有できる素敵なコミュニケーションツール。

演奏する喜びを目いっぱい味わってください!!!

プロフィール

N響第1コンサートマスター/北九州市出身。

愛称”まろ”。1981年ウィーン市立音楽院入学。翌年ウィーンにてヨーロッパデビューを飾り、以降ヨーロッパを中心に活動。88年に帰国後、群響、読響を経て、97年、NHK交響楽団コンサートマスターに就任、以来「N響の顔」として、ソリスト、室内楽奏者、指導者として国内外で活躍中。

WHO評議委員も務める。現在、東京藝大、桐朋学園大、昭和音大で後進の指導も行っている。1979年北九州市民文化賞、2001年福岡県文化賞、2014年第34回有馬賞を受賞。現在、『音楽の友』へMAROの誌上名曲喫茶「まろ亭」を連載中。また昨年4月よりNHK『クラシック音楽館』の案内人として出演中。

公式Facebookページ https://www.facebook.com/maro118/

あおによし音楽コンクール奈良アドヴァイザー篠崎史紀氏インタビューVol.1 「音楽」とは

Vol.2「コンクール」とは